にゃははー

はへらー

第2回闇鍋プログラミング勉強会に行ってきた part1

ので、帰ってきた話。

全ては妥協から始まった

懇親会会場を後にして、つくばに戻ろうと神保町駅に入った。さて、このあと東京駅からバスで帰るか、いや、850円の差はでかいぞ...じゃぁつくばからいつもどおり歩くか。

そう決めて 神保町-大手町-北千住 と進んだ。北千住でつくばエクスプレスの改札を通り、構内の電光掲示板を眺めるとそこには燦然と輝く 守谷 の文字が。
ちくしょう、また守谷か...次のつくば行きはいつだ?

無かった...

ウッ...

仕方ない、今から東京駅に行こう。しかし一度改札を通ってしまった*1のでちょうど来た秋葉原行きに乗るしかない。秋葉原で山手線だ。

秋葉原につくと目の前で山手線のドアが閉まるし非常に面白かった。しかしそこは大都会東京。2分もしないうちに次の電車が来た。大丈夫か?


旅の始まり東京駅

まぁわりかし簡単に東京駅には着くわけで、0:30最終のミッドナイトつくば号というぼったくり非常に重要な高速バスがあるわけで、これに乗るしかない。
時は既に0:26。券買ってちょうどぐらいか、とカウンターに向かうと、満席でキャンセル待ちとのこと。10人ぐらい並んでるし明らかに無理だと判断したのでこの時点でつくばに帰るのは諦めた。

ところであの並んでた人達、無理だとわかって悲しみに暮れる瞬間を眺めてれば面白そうだったのにとあとで後悔した。

つくばに帰れないということは東京で朝まで何かしてないといけないわけで、まぁTXとつくばからの関鉄バスが良い感じに走り始める時間に秋葉原にいるように時間を潰すことを考えた。
まぁ結論としてこうなった。


よくわからない。

よくわからないついでによくわからない予想まで立てている。


まぁそんなこんなで山手線を1周するという旅が始まったわけだ。



part2移行は暇があったら書く。いま卒論の中間提出が迫っているので...

*1:suicaは入場券としては使えない