読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃははー

はへらー

Debian GNU/Hurd 2013のインストールでパーティションを切りたい

Debianのインストールから、カーネルビルドまで...はいかない - にゃははー のハマリポイント4をなんとか回避できた。

結論から言うとprocfsがmountsを提供しないのが原因で、手動で切ったパーティションがマウントされているかを確認できていなかったのが原因でした。
具体的にはDebian GNU/Hurd 2013のインストールメディアは僅差でGNU Mach 1.3.99/Hurd 0.3という古いバージョンで収録されているが、手元のGNU Mach 1.4/Hurd 0.5では/proc/mountsがあったので、頑張って手動でこのファイルを作ればよかった。

手順としては、パーティション切ったところで何とかしてshellをとって

# settrans -g /proc
# cat > /proc/mounts
/dev/hd0s8 /target ext2fs defaults 0 0
/dev/hd0s3 /target/boot ext2fs defaults 0 0

ってする。

catめんどかったらnanoで。vimもviも無いです。
あとdpkgもないので、hurd 0.5を頑張って持ってきても手で頑張ってやらないといけないので普通にproc書いたほうが楽だと思う。

/proc/mounts 以外のprocfsなものはどうやら使わないみたいなので、/procにmountsしかなくても良かったです。

expert modeでしか確認してないので他のインストール方法でどうやってshell取るかは知らないです。多分出来ないです。
ほげ〜